住みやすい家をつくれる会社

家をつくるときに求めるものはさまざまです。できるだけ低コストで家を建てたい。ブランド力のあるハウスメーカーで家を建てたい。こだわりを持った家を建てたい。多様な価値観の中で、共通した思いのひとつが、住み心地の良い家に住みたい。というものがあるのではないでしょうか。茨城県内や近隣には、住み心地にこだわりを持つ工務店やハウスメーカーがたくさんあります。それぞれの工務店やハウスメーカーは、独自のこだわりを持って家づくりを行っているようです。地域密着型と呼ばれる工務店やハウスメーカーは、規模としては小さな会社ですが、大手ハウスメーカーにはない特徴を持っています。

地元密着型の工務店の場合、大量生産で部品類をつくることで、コストを抑える家づくりを行う大手ハウスメーカーのようなコストダウンの方法は難しくなります。場合によっては想像していたよりも建設コストがかかってしまうケースもあります。ですが、地元密着型なので、つくり上げた家に対して、長く住んでもらうための工夫をほどこし、自信を持って引き渡しを行うという特徴があります。いかに住み心地が良い家をつくるのかという点を考えてくれます。

家を建てる土地の風土を良く知り、気候を知るからこそ、その土地に合った家づくりもできます。建てた家に対しては、家のことをよく知り、すぐ近くで困ったときに対応してもらえるのが、地域密着型の工務店、ハウスメーカーの強みです。暮らしやすい家づくりをすることが、施工を行った工務店やハウスメーカーにとっては最良の宣伝にもなるため、こだわりを持って家づくりをしてくれます。逆にいえば、暮らしやすい家づくりをしなければ、地域で淘汰されてしまうともいえますよね。だからこそ、地域密着型の工務店やハウスメーカーは、住む人から高い評価を得られる家づくりを行ってくれるともいえます。

ご紹介する工務店、ハウスメーカーは、どこも茨城県や茨城県に近い場所に本拠地を置き、地域密着型として評判が高い工務店であり、ハウスメーカーです。暮らしやすい家づくりをするために、独自の工夫をほどこしたり、良いと思った工法を積極的に取り入れたりしているという特徴があります。ほかの工務店、ハウスメーカーにはない良さを持っています。住みやすい家をつくりたいという希望を叶えてくれる可能性が高い会社です。普段なかなか知る機会がない工務店やハウスメーカーかもしれませんが、家づくりの参考にしていただければ幸いです。

ハウスメーカーではなく林住建を選ぶ方の夢を形にする工務店

家を建てたいと思うとき、多くの人が自分の夢を形にする家を建てたいと思います。思い描く家は古くから日本の住宅として多くある入母屋造りの家なのか、和モダン建築の家なのか、さらには洋風建築の家なのか。さまざまなタイプの住宅が想像できます。茨城県にある有限会社林住建は、さまざまな人が思い浮かべる夢の住宅を設計・施工を行う工務店だそうです。ただ単純にお客様が思い描く夢を実現させるのではなく、林住建では安心して住める家づくりを行い、さらにはいつまでもいいお付き合いができる関係を築くこともこだわりとして持っているということです。

住宅を建てるために、ブランド力や価格を優先的に考える方は、地元の工務店を選ぶことはないだろうと林住建では考えているようです。家づくりであえて林住建を選んでくれるのは、ハウスメーカーにはない工務店という身近な存在だからではないか。と考えているといいます。だからこそ、林住建では住宅を建てるだけではなく、引き渡しから1年後、3年後、5年後、10年後とアフターフォローをしっかりと行ってくれるのだそうです。また、定期点検以外でも、補修工事やメンテナンス、住宅のお手入れといったことも、気軽に相談ができるという、地元密着型の工務店だからこそのメリットもあるようです。

新築の注文住宅の設計・施工・管理以外にも、林住建では住宅海苔フォームや建具の作成なども行っているそうです。そのため、新築後収納家具などを別途購入しなくても、備え付けの収納を使用し部屋を広く使うこともできるそうです。家族の夢をしっかりと設計に活かし、家づくりに反映させてくれるようです。林住建には、一級建築士や二級建築士といった技能者も在籍し、さらに二級土木施工管理技士も在籍しているそうです。確かな知識と技術力で住宅の設計・施工をしてもらえるのはとても安心できますよね。

林住建は主に木造軸組工法にて住宅をつくり上げるそうですが、今流行りの洋風建築や和モダン建築での住宅の建設も可能だそうです。また、地域密着型の工務店ですが、東京都内や千葉県といったエリアでの住宅の施工、リフォームなども相談に乗ってくれるそうです。

住宅を設計・施工してくれた工務店だからこそ、住宅の細部も理解してくれ、メンテナンスなども適切なアドバイスをもらえます。土地探しからはじめたいという方も林住建では相談に乗ってくれるそうですので、これから家を建てたいという方にとっては頼もしい存在といえそうです。

⦅PICK UP⦆☞☞☞茨城県の工務店(有)林住建|新築|リフォーム|和風モダン建築

地産地消の健康住宅をつくる棟匠

家を建てるためには、さまざまな工程を経る必要があります。家づくりの主な原材料である木材をつくるために、木を伐採し製材する。家の土台となる基礎工事をする。建物の骨格を組み上げ、屋根をつくる。壁をつくり、建物内部をつくり込んでいく。そして完成後は、長く建物を良い状態で済み続けられるよう、メンテナンスを行う。それぞれの工程に専門的な知識が必要です。茨城県にある株式会社棟匠は、このような専門的な工程を、それぞれグループ会社として持ち、グループが一丸となって家づくりを行っているそうです。

棟匠がつくる家は、無垢材といって茨城県産の木を製材し、加工を行った自然素材を使うという特徴があるそうです。地産地消の家づくりを目指し、その土地の風土に合った住宅をつくっているそうです。住宅をつくる職人さんも、地元の職人さんが担当することで、土地の気候、風土を熟知し、土地に合った家づくりができるそうです。その結果、棟匠がつくり出す住宅は暮らしやすい、心地良い、帰るとホッとできる家になるそうです。

無垢の自然素材を使うことで、健康的に暮らせる家づくりもできるそうです。棟匠では、工法や空調、素材にこだわりを持つことで、企業理念でもある人々がより快適に、より健康的に暮らせる住まいのカタチを創造しているようですね。

家は建てれば終わりではなく、建ててから先のメンテナンスをしっかりと行うことが、長く暮らすためには必要ですよね。棟匠では、末ながいお付き合いをしていけるためにも、棟匠で家づくりを行った方のためのコミュニティとして、「クラブトウショウ」を発足させ、引き渡し後のつながりを大切にしているそうです。さまざまな情報や特典なども届けてもらえ、家づくりから引き続いて、メンテナンスなどのアフターフォローを受けやすい仕組みづくりも行っているそうです。

家は単純に雨や風をしのぎ暮らす場所ではなく、ライフスタイルをさらに豊かにするためのものです。ストレスから回復して、笑顔で暮らすための場所です。棟匠は、このような理想的な住まいのカタチを実現するために、グループ一貫体制で、安心、安全な、棟匠独自の外張り断熱施工の家づくりをしているそうです。

自然とリビングに家族が集まり、家のどこに行っても温度差を感じない暮らしやすい住宅づくりを目指したい方にとっては、棟匠はおすすめの会社といえそうです。健康的に暮らしたい、自然素材にこだわった地産地消の家に暮らしたいという方はぜひ相談をしてみてください。

いい家づくりをする水戸工務店

いい家と一言でいっても、人によっていい家と思う家には違いがあります。ですが、本当にいい家は、どの人でも「いい」と思えるのではないでしょうか。茨城県のすぐ近く、千葉県柏市に本社をもつ水戸工務店は、「いい家をつくる会」の会員として、いい家を建てることにこだわりを持つ工務店だそうです。

水戸工務店が目指すいい家というのは、住み心地がいい家だそうです。特徴的なのは、部屋の中にエアコンがない点とのことです。水戸工務店が施工するいい家は、センターダクト方式で給気をすることで、屋根裏に設置したCDエアコンのみで家中を快適な状態に保てる工夫があるのだそうです。

いい家の建築をはじめた水戸工務店も、当初はなかなか目に見えない住み心地が良い家をつくりたいという人はいなかったそうです。ですが、従来工法で十分だというお客さんに頼み込み、自費でいい家の工法で施工を行うことで、評判を呼び、快適な家づくりができる工務店として評判を得ることに成功したそうです。そこまでのこだわりを、水戸工務店は「いい家」の施工に持っていることが感じられますね

いい家をつくるのは水戸工務店だけではなく、いい家づくりの会の会員会社全体です。その中でさらに選ばれるために、水戸工務店はオリジナリティのある家づくりを行うようにしているそうです。会員会社は仲間でありながらも、ともに良きライバルとして、高めあう存在となっているようですね。

水戸工務店は住み心地が良い家づくりを行うことで、自然と長期優良住宅の条件を満たす家づくりを行えていたそうです。施主が希望をしても、長期優良住宅として申請するためには、建築コストがかかることや、補助金以上の費用が必要になるケースも多いそうです。ですが、水戸工務店ではほとんどのケースで仕様変更などを行う必要がない状態で、長期優良住宅の条件を満たした家づくりができていたそうです。

たたき上げの職人が国産材料でつくる家が、水戸工務店がつくる住み心地が良い家だそうです。水戸工務店ではハウスメーカーのように営業職や現場監督などがいないといいます。すべては実際に家を建てる大工が家づくりのすべてを責任持って仕上げてくれるそうです。大工と直接話し、住宅に使う木を選ぶことからはじめるとのことです。紀州の杉や木曾の檜などをふんだんに使った、木に癒される、住み心地が良い家が、水戸工務店がつくる家の特徴だそうです。信頼関係が生み出す、長く住み続けられる家を建てることができそうですね。

多様な価値観の家づくりができるノーブルホーム

上質な家とはどのような家でしょうか。住み心地が良く、家に帰りたくなるような家。家に帰るとホッとしてくつろげる家。家族を感じられる家。おそらくこれらがすべて当てはまるような家が、上質な家といえそうです。茨城県にあるハウスメーカー、ノーブルホームは、このような家づくりを目指しているようです。

常識的と呼ばれることの中には、時に時代遅れの考え方になってしまうものがあります。家づくりの考え方の中にも、常識的なことが、今の時代にはそぐわなかったり、もっと良いものがあるのに常識に縛られてしまい、良いものを使えなかったりする。というケースもあるようです。ですが、ノーブルホームは良いものは使う。時に勇気をもって変化することも大切と考えているようです。ノーブルホームでは常に成長することを考え、120%の成果を目指すという向上心を持っているようです。

「日本の暮らし方を変える」という企業理念を持つノーブルホームでは、今の時代に合った高気密高断熱住宅の建設をはじめ、耐震性にも優れた自由設計の住宅づくりを行っているそうです。もちろん、従来の在来工法による住宅づくりも行うことで、低コストでクオリティの高い住宅建設も行えるそうです。

さらに、ノーブルホームでは規格型住宅といって、1から住宅をつくり上げる自由設計だけではなく、ある程度決まった枠組みから、自分の好みに合わせて選ぶ家づくりも行えるそうです。4,000棟以上の実績を持つというノーブルホームだからこそ、今までの経験を活かしたライフスタイルに合わせやすい規格型住宅の提案も行えるようです。さまざまな世帯に対応した規格型住宅は、低コストで好みに合わせた家づくりもできるようですね。

地域密着型のハウスメーカーとして、アフターサービスまで一貫して行えるという特徴を持つノーブルホームであれば、末永いお付き合いもできそうです。家づくりは家の引き渡しを受けたあとも続きます。ノーブルホームではアフターメンテナンスもしっかりと考えた家づくりをしているそうです。子育て世帯なら、子どもの成長に家が寄り添い、そして子どもが巣立ったあとも心地よく暮らせる家を目指せそうですね。年齢を重ねてから家を建てる方にとっても、平屋づくりの家など得意としているようです。家に暮らす人が合わせるのではなく、暮らす人に合わせた家づくりが、ノーブルホームではできそうです。多様な価値観に対応できる家づくりを希望するなら、ノーブルホームはおすすめできるハウスメーカーといえそうです。

〔注目サイト〕◇◇◇新球場の愛称は「ノーブルホームスタジアム水戸」に – 産経ニュース