地産地消の健康住宅をつくる棟匠

家を建てるためには、さまざまな工程を経る必要があります。家づくりの主な原材料である木材をつくるために、木を伐採し製材する。家の土台となる基礎工事をする。建物の骨格を組み上げ、屋根をつくる。壁をつくり、建物内部をつくり込んでいく。そして完成後は、長く建物を良い状態で済み続けられるよう、メンテナンスを行う。それぞれの工程に専門的な知識が必要です。茨城県にある株式会社棟匠は、このような専門的な工程を、それぞれグループ会社として持ち、グループが一丸となって家づくりを行っているそうです。

棟匠がつくる家は、無垢材といって茨城県産の木を製材し、加工を行った自然素材を使うという特徴があるそうです。地産地消の家づくりを目指し、その土地の風土に合った住宅をつくっているそうです。住宅をつくる職人さんも、地元の職人さんが担当することで、土地の気候、風土を熟知し、土地に合った家づくりができるそうです。その結果、棟匠がつくり出す住宅は暮らしやすい、心地良い、帰るとホッとできる家になるそうです。

無垢の自然素材を使うことで、健康的に暮らせる家づくりもできるそうです。棟匠では、工法や空調、素材にこだわりを持つことで、企業理念でもある人々がより快適に、より健康的に暮らせる住まいのカタチを創造しているようですね。

家は建てれば終わりではなく、建ててから先のメンテナンスをしっかりと行うことが、長く暮らすためには必要ですよね。棟匠では、末ながいお付き合いをしていけるためにも、棟匠で家づくりを行った方のためのコミュニティとして、「クラブトウショウ」を発足させ、引き渡し後のつながりを大切にしているそうです。さまざまな情報や特典なども届けてもらえ、家づくりから引き続いて、メンテナンスなどのアフターフォローを受けやすい仕組みづくりも行っているそうです。

家は単純に雨や風をしのぎ暮らす場所ではなく、ライフスタイルをさらに豊かにするためのものです。ストレスから回復して、笑顔で暮らすための場所です。棟匠は、このような理想的な住まいのカタチを実現するために、グループ一貫体制で、安心、安全な、棟匠独自の外張り断熱施工の家づくりをしているそうです。

自然とリビングに家族が集まり、家のどこに行っても温度差を感じない暮らしやすい住宅づくりを目指したい方にとっては、棟匠はおすすめの会社といえそうです。健康的に暮らしたい、自然素材にこだわった地産地消の家に暮らしたいという方はぜひ相談をしてみてください。