多様な価値観の家づくりができるノーブルホーム

上質な家とはどのような家でしょうか。住み心地が良く、家に帰りたくなるような家。家に帰るとホッとしてくつろげる家。家族を感じられる家。おそらくこれらがすべて当てはまるような家が、上質な家といえそうです。茨城県にあるハウスメーカー、ノーブルホームは、このような家づくりを目指しているようです。

常識的と呼ばれることの中には、時に時代遅れの考え方になってしまうものがあります。家づくりの考え方の中にも、常識的なことが、今の時代にはそぐわなかったり、もっと良いものがあるのに常識に縛られてしまい、良いものを使えなかったりする。というケースもあるようです。ですが、ノーブルホームは良いものは使う。時に勇気をもって変化することも大切と考えているようです。ノーブルホームでは常に成長することを考え、120%の成果を目指すという向上心を持っているようです。

「日本の暮らし方を変える」という企業理念を持つノーブルホームでは、今の時代に合った高気密高断熱住宅の建設をはじめ、耐震性にも優れた自由設計の住宅づくりを行っているそうです。もちろん、従来の在来工法による住宅づくりも行うことで、低コストでクオリティの高い住宅建設も行えるそうです。

さらに、ノーブルホームでは規格型住宅といって、1から住宅をつくり上げる自由設計だけではなく、ある程度決まった枠組みから、自分の好みに合わせて選ぶ家づくりも行えるそうです。4,000棟以上の実績を持つというノーブルホームだからこそ、今までの経験を活かしたライフスタイルに合わせやすい規格型住宅の提案も行えるようです。さまざまな世帯に対応した規格型住宅は、低コストで好みに合わせた家づくりもできるようですね。

地域密着型のハウスメーカーとして、アフターサービスまで一貫して行えるという特徴を持つノーブルホームであれば、末永いお付き合いもできそうです。家づくりは家の引き渡しを受けたあとも続きます。ノーブルホームではアフターメンテナンスもしっかりと考えた家づくりをしているそうです。子育て世帯なら、子どもの成長に家が寄り添い、そして子どもが巣立ったあとも心地よく暮らせる家を目指せそうですね。年齢を重ねてから家を建てる方にとっても、平屋づくりの家など得意としているようです。家に暮らす人が合わせるのではなく、暮らす人に合わせた家づくりが、ノーブルホームではできそうです。多様な価値観に対応できる家づくりを希望するなら、ノーブルホームはおすすめできるハウスメーカーといえそうです。

〔注目サイト〕◇◇◇新球場の愛称は「ノーブルホームスタジアム水戸」に – 産経ニュース